月別アーカイブ: 2014年10月

綿月依姫

大分秋めいて参りました。ヤンマーソンです。

よっちゃん(依姫)描きました。

お姉よっチャンバラ by ヤンマーソン@秋例大祭は-3b on pixiv


よっちゃんも好きです。儚月抄で永夜抄と仲が良い?ので。
某ゲームのパロなんですがセクシークールに描けたらと思います。

最近大きな悩みができてそれが原因かどうかはさておき何かひとつ問題抱えると全てがうまくいかなくなる質なんでそういうのを振り切るためにも描きました。
えーりんのノベルゲーのイラストにも影響が出ていて、こういう絵で同人のタスクがある時や中の人が人生の岐路に立たされている時なんかは精神を上向きに修正して望んでいます。
原稿シーズンなんかこういう絵があったら90%そんな感じです。
とてもいい気分転換というかせっかく時間を費やしたんだからそれを無駄にしないでいこうと思います。

あといつも絵を見てくださる方はもうブラウザを閉じて頂いて各々皆様のネットライフを嵩じて頂きたいのですが、言わなきゃいけないかなぁ・・・ってことがありまして。

ブログを書く以上少なくても見てくれる方がいらっしゃってコメントも頂く機会などあると思うのですが、コメントの対応についてです。

こちらのブログではコメントについては対応が難しいことをお伝えしておきます。
というのも
ブログのコメント
頂いているには頂いています、4000件以上、しかし内容はというもの画像のような物ばかりです。
このメールは何か簡単に形容できるのですがそれを言うともっとその手の方に人気者になってさらにコメントもらうんじゃないかと思って同説明すればいいのか悩みながらタイピングしています。

これ2ヶ月前まで2000近くあったコメントを全部対処したんですが今に至ってこれです。
この中でボクの想像する「普通の」コメントを探すのがとっても難しくて困難を極めています。

コメントを頂けるのはとっても励みになって自分の燃料になっているからせめて何かレスポンスができればと思っている次第なのですが心苦しいですがご理解ご了承頂けないでしょうか。
決して無視しているとか、無下にしているという訳ではなく「大変」なんです。

どうかご理解頂ければとお願いします。
このブログやらせてもらってからずっとこの調子でした。
それでもいくつかコメントを頂いてブログに反映させて頂きましたがこんな調子で折れました。

メールボックスもこんなメールがたっくさん来て迷惑メールホルダーがいつもパンパンになってます。

西の東方読書会お疲れ様でした

西の東方読書会に行ってまいりました。ヤンマーソンです。

今さっき紅楼夢お疲れ様でした。ってブログ更新したばかりで次回は秋例大祭よろしくお願いしますって終わらせていますが長崎のイベントにも行ってまいりました。

こんな感じに設営してます。他人様からお写真拝借させて頂きました。

イベントといっても即売会みたいなものじゃなくて参加者が自分の持っているコレクションを持ってきて参加してる人達みんなで読む、といった交流会でした。

ただ長崎ではこういった同人イベントっていうのはなかなか無くて参加してみたくてもできかったりする人が多く機会に恵まれない方がいる模様で、そういった東方ファンの方々、特に10代の若い世代と長崎のイベント事情や同人事情等たくさんお話できて濃密な時間を過ごせました。

作家仲間の方から地方イベントに参加する時に「来てくれてありがとう!」なんてとても喜ばれるらしいのですが百聞は一見に如かずこういうことだなと思います。

最近の即売会でも音楽流して参加者が踊ったりはたまたミニ四駆走らせたりカードゲームしたりしてますがこういうイベントもファンの方とお友達ができたり新しい発見があっていいものですね。

地方(っていったら失礼かもしれませんが)イベントも行ってみたいと思います。ヤンマーソンでした。

紅楼夢お疲れ様でした

紅楼夢お疲れ様でした。ヤンマーソンです。

もう一週間も前になっちゃって今書いてます。すっごく今更になってしまいました。

紅楼夢でしたが、とても忙しくてイベント前日ホテルで帰りの飛行機が欠航するトラブルに見舞われ帰りの手段を把握したりイベント当日はサークル参加の時間に入場して始めた設営も結局間に合わなくて10分くらいオーバーしてやっと完了したり見に来てくれた人がたくさんいて一人で回してたらとてもじゃないけど手が足りなくて目が回り帰りも当日のうちに帰らなきゃいけなかったんでイベントの打ち上げのお誘いをぜ~~~んぶお断りさせてもらって新幹線に乗り込んで予定より1万円、3時間くらい出資してボクの紅楼夢が終わりました。

なんだかとても私用な感想で申し訳ありません。それくらい必死でした。

ただ本当にたくさんの方が来てくれて参加してとても充実したのが本音です。
紅楼夢参加する前に人が来る割にはあまり見てくれない・・・なんて事前情報を複数の作家の方からよく聞くのですがそのつもりで行ったのでギャップに驚きました。
全然そんなことなかったですよ。とても歓迎されて嬉しかったです。
イベント終わりの晩疲れた身体ぐっすり夢見心地な気分で眠れました。

次回は11/24、東京の秋季例大祭ですね。
また次回もよろしくお願い致します!

紅楼夢来てくれた皆様へ、えーりんからお礼です
紅楼夢に来てくれた方へえーりんからお礼です